So-net無料ブログ作成
検索選択

『Harry Potter and the Philosopher's Stone』(ハリーポッターと賢者の石)J.K.Rowling [その他の本]


Harry Potter and the Philosopher's Stone

Harry Potter and the Philosopher's Stone

  • 作者: J. K. Rowling
  • 出版社/メーカー: Bloomsbury Publishing PLC
  • 発売日: 2004/10/04
  • メディア: ハードカバー




バリーポッターは映画化前から日本語で読んでいて好きだったんだけれど、呪文とかいっぱい出てくるし、英語で読んだらややこしくならないかな?と思って今まで読んでいなかった。

でもまあ映画版も完結したことだし、ここいらでボチボチ原語版も読んでみるか〜、と、軽い気持ちで図書館で冒頭部分を読んでみたら、面白いくらいにグイグイ引きつけられてしまい、結局イギリス英語版を借りて帰り、ペーパーバックで読み進め。
そう、ハリーポッター英語版には、イギリス英語版とアメリカ英語版があるのです。

『賢者の石』なら、アメリカ英語版は『Harry Potter and the Sorcerer's Stone』、イギリス英語版は『Harry Potter and the Philosopher's Stone』と、タイトルからして違う。
タイトルだけ見るとsorcereよりphilisopherのほうが日本人の耳には親しみがある感じはするんだけど、中身はやっぱりアメリカ英語版のほうが親しみ深い気がする。
でもわざわざ英語で読むなら原語がいいよねー、ということで、私はイギリス英語版を選びました。


本の形状から言うと、私の借りた「アダルトエディション」は、別に内容が大人向けに書き直されているわけではなく、表紙だけが大人の読書にふさわしいデザインになったもの。
聞くところによると、世の中には子供向けの簡易バージョンハリポタが存在するそうなのだが、そもそも子供向けに書かれた児童文学でそれ必要かなと思って、実際見たこともないので、ほんとかなと思っている。ノンネイティブ向けに英語学習用語数制限版があるっていうなら理解できるんだけど。


で、私は途中まではこのアダルトエディションのペーパーバックで読み進めてたんだけど、途中で結局、Kindle Paperwhiteを購入し、電子書籍で購入し直しました。

これが大正解!!!!!

みんな、洋書読むんなら絶対電子書籍がいいよ!
これから英語学習のために洋書を読んでみたいと思っている人にならなおさらおすすめだよ!

英語多読の世界では、わからない単語は読み飛ばして先に進むのがよいとよく聞くのですが、私はもともとそういう目的で読み始めたのではなかったのと、性格的に「わからないものはすぐ調べたい」という性格なので、Kindleの何が嬉しいって、ちょっとでも疑問に思った単語や表現、知ってる単語なんだけど念のため意味を再確認したい単語や表現が、ちょろりと単語の長押しですぐに確認できるところ。新しい世界の扉を開けた気持ちです。(現在標準辞書に英辞郎を入れてます)


ペーパーバックで読んでる時は、後で調べよう、と、気になる表現をノートに書き出しながら読んでいたので、Kindleに移行してからは、読み始める準備(ノート用意したり)がなくなり、結果的にいつでも気軽に読み始めることができるようになり、ひとたび読み始めると読むスピードもUPしているので、気がつくと思った以上にページが進んでいる、という状態。私が中高生の頃にこんなに便利な機械があったらよかったのに!特に受験英語が大嫌いだった高校時代!(でも実際は他の教科の勉強もあるし、Kindleあっても満喫できなかったかな…)


話自体はもちろん最高に面白く、昔日本語版で読んだ時より深く心に届いた。
一度も読んだことがない人、ぜひ読んでみてほしい。本当にいい話です。私は映画より原作の方がずっと好き。映画のビジュアルは素晴らしいと思うけれど。

私の人生経験値アップと原語の持つパワーと、両方がいい感じに作用したのだと思うけど、いくつかのシーンでは、読みながらポロポロ涙が。若い頃は、賢者の石で泣くことはなかったと思うんだけどね。もう、最後の頃の友情シーンがたまらんかったです、この年になると。


子供向けということもあり文体自体はあまり難しくないので(たまーに少しややこしめのはある)、電子書籍で単語ストレスがクリアできればサクサク読めると思うので、英語の本を読み始めたい人にはひとえに電子書籍版のハリーポッターをおすすめします!
高校夏休みの副読本でもいいなこれ、と思った。

ちなみに私が買ったKindle Paperwhiteはコチラ。



Kindle Paperwhite(ニューモデル)

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

  • 出版社/メーカー: Amazon
  • メディア: エレクトロニクス



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。