So-net無料ブログ作成

『BIG BEAR, SMALL BEAR』と『OLD HAT, NEW HAT』 [英会話]



The Berenstain Bears' Big Bear, Small Bear (Step into Reading)

The Berenstain Bears' Big Bear, Small Bear (Step into Reading)

  • 作者: Stan Berenstain
  • 出版社/メーカー: Random House Books for Young Readers
  • 発売日: 1998/03/17
  • メディア: ペーパーバック



Old Hat New Hat (Bright and Early Books)

Old Hat New Hat (Bright and Early Books)

  • 作者: Stan Berenstain
  • 出版社/メーカー: HarperCollins Children's Books
  • 発売日: 1982/08/23
  • メディア: ペーパーバック



月に1回だけれど、子どもさんに英語を教えていて、
この間形容詞の反対語を学習したので、それを定着させられるような
いい絵本はないかな〜、と探していて見つけたのがこの2冊。
どちらも手頃な値段だったし、入手してから使いやすいほうを使おう、と購入。
どちらもよい本なのだけれど、ちょうど学習した内容と合っていてよさそうだったのが
BIG BEAR, SMALL BEAR』のほうだったのでこちらを最初に使おうかな。

どちらもほぼ単語だけでストーリーが進んでいくお話。
OLD HAT, NEW HAT』のほうは、Old Hatをかぶったねずみさんが
帽子屋さんでたくさんのNew Hatを試着して、自分にぴったりの帽子を探すお話。
時々、これって造語じゃなくて?と思えるような
面白い形容詞で形容された、様々な帽子がたくさん出てくる。
耳慣れない単語でも絵を見ればだいたいわかるんだけど、
教える立場としては、一応辞書で調べておこう、と思ってる単語がいくつかある。実はw
でも本当は、その単語が日本語でなんて言うのかを考えずに
絵と単語のリズムを一緒につかむイメージで接すればいいんだと思う。

すでに知ってる形容詞がいくつかあれば
"too ○○○" っていう表現を楽しく使いたくなりそう。
おばかなストーリーでテンポもいいので、ハマったらハマりそう。

でも、私が教えているレッスンは月に1回だから、
この間覚えた数個の形容詞から、
この本でイキナリたくさんの形容詞の嵐が出てくるよりは、
既出の単語をもう少し丁寧に定着しながらプラスαを増やしていきたい感じ。

BIG BEAR, SMALL BEAR』のほうは、
大きいくまさんと小さなくまさんが、
自分に合わない「"too small なもの」「too big なもの」を手にしながら
最後は交換して、Just Right なものを手にする、という流れ。
OLD HAT, NEW HAT』と同じく"too ○○○" という表現が出てきて、
使っている形容詞が少ないぶん、ゆっくりペースでこの表現の感覚が掴めそうなイメージ。
"Just Right" という表現も、ここでしっかり身につけてから
OLD HAT, NEW HAT』のほうを読みたいかなーと思った。

声の高低など読み方を工夫したり、
子ども達が参加しながら読んだり、様々な展開もできそう。
どちらも買って損はない本だと思う^^
子ども達が気に入ってくれればいいな〜。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。