So-net無料ブログ作成
検索選択

『信長協奏曲』1-6巻 [マンガ]







巷でウワサの『信長協奏曲』(石井あゆみ 著)をとうとう読んでみた。
高校生が戦国時代にタイムスリップして、織田信長として生きることに…」
というアオリは知っていたけれど、実はそこまで期待してなかった。

ところが!
読み進めたら、面白いこと、面白いこと。
かなり早い段階でだけど、明智光秀、そうかー、そうきたかー、とか。
小学生の頃からの信長好きではあるけれど
細かい史実にまでは詳しくない私は
改めて信長の功績とか全部調べあげたくなったよ。
大まかには知ってるエピソードも多いんだけど
「そうだったのかー、それって信長がやったのかー」
ってエピソードがあったり
当時の武将たちの力関係については全然知識がない
(実は何度見ても聞いても覚えられない)から
改めてちゃんと知りたくなるなー。

絵柄も最初はそんなに好みじゃないかなと思ってたんだけど
読み進めていくうちに、なんとも味があって好きになってきた。

描かれていない期間の信長たちの日常も知りたくなってくるね。

1、2巻だけ試し読みしよう、くらいの気持ちで読み始めたのに
あんまり面白いから、一気に6巻まで読んじゃったよ。

最終回の落としどころはなんとなく想像つくけど
(当たってるかどうかはともかく)
そこまでの間、たくさんのエピソード読みたいなー。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。