So-net無料ブログ作成
検索選択

『新TOEICテスト書き込みドリル フレーズ言いまわし編』 [英会話]



新TOEICテスト書き込みドリル フレーズ言いまわし編

新TOEICテスト書き込みドリル フレーズ言いまわし編

  • 作者: 早川 幸治
  • 出版社/メーカー: 桐原書店
  • 発売日: 2008/12
  • メディア: 単行本



TOEICスコアアップのためのレッスン指導を引き受けることになって
ボキャブラリに関していい問題集はないかと色々探してたどり着いたのが
この『新TOEICテスト書き込みドリル フレーズ言いまわし編』
TOEICに頻出の単語を、一緒に使われることが多いフレーズの形で
使われるシチュエーションとともに覚える、というたいへん使いやすいもの。
それぞれのセクションの構成は
まず、イラストとともに場面(オフィス旅行など)ごとでよく使われる表現を学び
次に、その表現を実際の文にあてて使ってみて
さらに問題を解いてみて
最後に、TOEIC形式ではこう聞かれる、というのを模擬問題として出してくれる。
20日間完成、という構成で、1日あたり以上の4ページがあてられている。
無理のない量で、ぼんやりと覚えてる単語もフレーズの形で覚えられるのでとても力になりそう。
CDもついていて1,260円というのはお値段的にも悪くない。
(欲を言えばもう少しページのボリュームがあるとうれしかった。
 20日完成じゃなくて30日完成でもよかった。)

英語は話せるのにTOEICの点数が伸びないという人は、
日常会話が成り立つ程度の語彙力があっても
TOEICに出て来がちなビジネスシーン等の分野の語彙力が不足している人が多いように思う。
(私も自分のボキャブラリ分野を見るとここは弱い。)
もちろん基礎となる文法力は身につけておかないといけないのだけれど
知らない単語が減るだけでも問題に対する嫌悪感が消えていいのでは。
もちろんフレーズとして覚えることで解ける問題も増える。

この本にはシリーズがあって、
リスニング編やボキャブラリ編、文法編などがあるので
それぞれやってみるとすごく力になるんじゃないかな。
さすが桐原書店さん。受験の時にお世話になったなあ、なんてしみじみ思った。

ちなみにTOEICTOEIC用の勉強をするだけで
ある程度までなら飛躍的に点数を伸ばすことも可能なテストだと思うので、
仕事等でスコアが必要なのに
英会話学校で話す力だけを伸ばして「おかしいなあ」と言っている人は
とてももったいないと思うよ。
逆に言えば、自分の今の英語力を知るために受験するなら
TOEIC用の勉強しちゃうと純粋な実力以上の点数とれちゃうから
かえってよくないんじゃないかな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。